太陽光発電をはじめよう

環境保全のための一環として今、最も注目を集めているのが太陽光発電システムです。

名前だけは(聞いた事あるという方の方が多いかもしれません。

でも、知っておくとかなり得な事もあるのでこれを機会に知っておくのも良いかもしれません。

太陽光発電は、太陽の光で発電する自然エネルギーのことです。

太陽の光で発電するので原子力発電の様にウランを買ったり、燃やした燃料が残ったり、有害だったりする事は有りません。

資源が太陽の光なので、無現のエネルギー資源と言う事になります。

太陽光発電は、発電時に二酸化炭素の排出がありません。

火力発電との差は、歴然でしょう。

この二酸化炭素の排出が無いという事が、太陽光発電の大きな強みです。

太陽光発電の手順としては、太陽に光で電気をつくり、その電気を自宅で使うシステムです。

日中の発電量もメーターでちゃんと教えてくれるので、経済的でもあります。

そして、日中の作り過ぎた電力を電力会社に売る事が出来ます。このシステムは2009年から執行されたもので、このシステムにより太陽光発電を始める大きなメリットと言えるでしょう。

多い時では、1万円くらいの収入に変わるそうです。

そして、電気の送電時のロスを無くせると言う事。

まず、普通の家庭への電力送電の場合、少なからず送電時に電力のロスが出ます。

しかし、これが日本中でおこるとカナリの電力のロスが発生する訳です。

そうなると、とてももったいないですよね。

だから、太陽光発電の場合は、家で発電してすぐに家で使えるので無駄がありません。

電気は、作ったらすぐ使うと言うのが原則でなかなか蓄電する事ができないのでロスが起こってしまうのです。

大体の太陽光発電のメリットとなるとこういった事でしょうか?

しかし、近年の大地震の影響で計画停電や色々なライフラインが立たれた中、太陽光発電をしている家では、日中ちゃんと発電して使える事が分かりました。

自立発電にすると、ラジオや電子レンジ等は誓えるのです。

これは、あるのと無いのではかなり生活に支障をきたすでしょう。

この場合、太陽光発電を付けているお家は発電所と同じくらい助かるでしょう。

この様に、メリットを上げて太陽光発電のシステムを理解しておきましょう。

二酸化炭素を削減するのに貢献しているとして、国や地方自治体から補助金が出ます。

この補助金も廃止になったりふっかつしたり様々なので、しっかり確認しておくことが必要です。

この無限の自然エネルギーの発電システムは、本当に画期的でしょう。

カナリ昔からありましたが、昔よりシステムも発電量も進化しているのは確実です。

ぜひ、エコを考えている人なら要チェックだとおもいますよ。

 

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*