太陽光発電の注意点

インターネットが普及して行く中で、情報もそうされていることもあるそうです。

正直、色々なところで全然違う事が書いてあったりすることもあるでしょう。

情報の本質を見極めるのには、かなり見抜く力と情報量が必要です。

その為にも沢山勉強しておくべきなのです。

太陽光発電についてもそうでした。

正直、色々な情報が錯綜している状態で、何が本当か分からないのが現状です。

こんな記事を発見しました。

「余った電気が売れない?」

これにはびっくりしました。そんなこと有るのでしょうか。

太陽光発電を導入する人によれば最大のメリットなのに。

その理由はこうでした。

電気は、電圧の高い所から低い所にむかって流れます。

これを利用して、家庭用発電機の出力電圧を電圧会社より高く設定する事によって、余った電気を逆流させるのが売電の(仕組みなのです。

しかし、地域によっては電力会社の供給電圧が高すぎて自宅で余った電気を売る事が出来ない事があるそうです。

この対策案としては、「変圧器柱のタップを下げる」「パワーコンディショナーの出力制御電圧のタップを上げる」「自宅専用の変圧器を設ける」などがあります。

だから、この辺もちゃんと注意して導入を考えましょう。

導入する地域によって太陽光発電が向いている地域の向き不向きがありでしょう。

土地柄的に曇りが多かったり、雨が多かったり、または、晴れてばっかりの特性を持った県もあります。

雪国なんか確実に向いていないでしょう。

雪が屋根に積もってしまったら、太陽を遮ってしまい発電出来なくなります。

設置した時は、太陽に光がちゃんと当たっていたのに大きなビルが立ってしまい、日蔭の時間が長くなってしまったなど、その様な問題は沢山あります。

そひて、施工業者にも注意が必要です。

ちゃんとした業者の方が多いと思いますが、まれに悪徳業者も存在するのです。

設置のタイミングで手抜き工事をされて、雨漏りがしてきたり、いきなり壊れたり全然発電しなかったり。

様々ではあります。

そして、最近多いのが施工業者の倒産。

太陽光発電システムには、大体10年の補償が付いています。

しかし、3年もたたないうちに故障してしまい業者に問い合わせた所、倒産していたのです。

この場合、どうなるのでしょうか。

もしものための、アフターサービスがあれば良いんのですが、まぁ、倒産するくらいですから無いでしょう。

きっと、そのまま損をする形になってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、ちゃんとした施工業者を見つけ出して行きましょう。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*