補修では傷みが気になるならリフォームしたい外壁

建物は屋根と共に外壁が毎日、太陽光や風雨に曝されている他に、大気中の砂ぼこりや塵などに当っているため、劣化したり、腐食することが避けられません。中でも、外壁には窓やドアー等が設置されているので、開口部やつなぎ目にクラックが生じると雨風の侵入により建物内部の土台や柱などが腐食しやすくなってしまいます。従って、外壁を長持ちさせるには定期的な点検と共にモルタル塗りであれば塗り替え、タイル張りであれば剥がれ箇所やコーキングの補修、また、サイディングであれば、コーキングの補修や塗り替え等のメンテナンスを行う必要があります。しかしながら、メンテナンスが遅れたり、前回の補修が不十分だと内部にまで雨水侵入の恐れが考えられることもあります。このような状態になっていると補修以上に費用がかかりますが、外壁をリフォームする必要があります。この場合、タイル仕上げ工法が長持ちするのですが、コスト面を考えて、外壁の一部分だけ壁面構造を強化してタイルリフォームすることもアイディアとなります。

住宅の外壁をリフォーム

5年前に一戸建ての中古の住宅を購入しました。築年数は購入時20年で建物のなかの台所や廊下、お風呂トイレなどはすべてリフォームされた状態で売りに出されていたために、内部は新築同様に思え価格も安く土地も150坪ありましたので家族みんな気に入り購入しました。ですが、外壁がリフォームされていない状態で購入時にはそれほど気にならなかったのですが、5年が経過した今では壁の色が白に近いクリーム色で、汚れなどが目立ってきているために、今外壁のリフォームを考えている最中です。業者の方に見積もりを出してもらっているのですが、足場などを建てるとどうしても百万円以上かかるようで悩んでいます。中には足場を使用しないで、可能な安い業者もあるようなのですが、少し不安で今は口コミなどを参考に選定しています。色を塗り替える際には汚れが目立たないように暗めの色でコーティングなども少し値段が高くても選びたいと考えています。

外壁をリフォームするなら金属サイディングで

家の外壁は、その塗料や環境にもよりますがおおよそ10年程で塗装を塗り直す必要が出てきます。それを怠ると、雨が染み込んだり害虫の被害を受けたりと、家にとってあまりよろしくありません。それが長引けば長引く程被害は深刻になりますから、早急に手を打つことが重要になってきます。ですが、外壁塗装はそれなりにお金が必要になりますから、そう簡単に10年おきにまとまったお金を用意するのは大変です。そのような状況を打破する方法の一つが、金属サイディングです。今の外壁に極々薄い鋼板を貼っていきリフォームするというもので、耐震性の向上や塗装では表現できないデザイン、鋼板を貼ることで得られる防音性能など、様々なメリットを得ることができます。もし、これから外壁をリフォームしようと考えているのなら、金属サイディングも視野に入れてみるのはいかがでしょうか。

外壁塗装や屋根塗装をお考えの方、必見です。無料で見積もりしています。
当サイトでは、複数の業者から一括で見積もりを取ることができます。
当サイトでは、外壁塗装に必要な最低限な知識を付けることができます。
一括見積もりで費用の比較を行い、外壁塗装は優秀な業者を安い費用でお願いしよう!
不明な項目を扱う悪徳業者は登録していません。安心してご利用ください。
「外壁塗装一括見積.com」なら全国100社の外壁リフォーム業者の見積もり依頼が可能です。